暮らしReteracy

MENU

もし将来AIに仕事を奪われたら 超AI時代の生存戦略 落合陽一

f:id:kurashi2:20190310230949j:image

テレビでもよく見かける、落合陽一さん。

news zeroサンデー・ジャポンに出演していることがあるので、ご存知の人も多いと思います。

私は、落合さんの情熱大陸を見たことがあったので知っていました。

 

現代の魔法使いと呼ばれる、落合さんが書いた本。

超AI時代の生存戦略

 

読んでみて、とても興味深かったので、記事にしてみました。

 

 

落合陽一さんについて

ネットで調べてみると分かると思いますが、とにかくすごい人。

簡単に書くと、

開成高校卒業

筑波大学情報学群情報メディア創成学類卒業

東京大学大学院学際情報学府博士課程修了

 

研究者、大学教授、メディアアーティスト、実業家など、

数多くの肩書きのある方です。

 

AIによって将来、仕事がなくなるのか

皆さんは、将来AI(人工知能)の発達によって、自分の仕事がなくなるということを考えたことがありますか?

 

私の会社でも、もし仕事をAIがやるようになったら、ということは最近になってよく話題に上がるようになりました。

 

ユニクロでもセルフレジが導入されるようになったり、これは遠い未来の話ではないのだと実感します。

 

皆さんの仕事は、AIによって代替可能な仕事でしょうか?不可能な仕事でしょうか?

 

私は将来、仕事をAIに奪われ失業することになるかも、という漠然とした不安を持っています。

これからの時代、どういう考えのもと、どうゆう方向性で、日々を積み重ねていけば良いのか。

それが、この本「超AI時代の生存戦略」を読んでみたくなった理由です。

 

読んでみて印象に残ったこと

ときに難しい用語があったり、言葉の意味が分からなかったり、

頭の良い人でないと書けないような文章。

まるで、参考書を読んでいるような感覚もあります。

ですが内容はその分とても勉強になりました。

 

ワークライフバランスはどう変化するか

AIによって、仕事と生活はどのように変化するのでしょうか。

落合さんは、これからはワークライフバランスではなく、新しい仕事と生活の関係について予見されていました。将来、落合さんの予見の通りに変化できた人が生き残っていくのか、そんな想像をしてしまいました。

そもそも将来のワークライフバランスについて、想像できることがすごいなと思いました。

 

これからくるAI時代において意識しておくこと

そんなAI時代の到来の前に、どんなことを意識して仕事、生活をしていく必要があるのか。自分にとって必要なことは何なのか、そのヒントとなる内容がこの本には詰まっていました。

もちろんある程度、取り組んでいくべき方向性を理解しても、私がやるべき事を具体的に見つけるまでには至っていないのですが。なかなか難しいです。

 

 

他にも、これからの時代を生きていくために重要なことがたくさん書いてありました。

正直、本の内容が難しくて、上手くまとめられません。

ですが、未来のAI時代のために、今から読んでおくのは良いことだと思いました。

是非、読んでみて下さい。

 

初めてのブログ「暮らしReteracy」 50記事投稿した感想

 

去年、ゆっくりとマイペースにブログを始めから、やっと50記事まできました。

びっくりするくらいの遅さです。

 

ブログを書くのは、初めての経験で知識ゼロからの始まりでした。

SNSもまともにやったことのない私が、ここまでブログを続けられただけでも驚きです。

 

文章を考えたり、写真を貼って見やすくしたり、デザインを変えたり、

ブログを作るって難しいなと感じてます。

 

ですが、このように日々の記録を残せたり、外の世界に自分の考えを発信できたり、知識をアウトプットする場になったり、とても良いものです。

 

日常の中でも、これブログで書こうかなとか、アイディアを探したりするようになりました。

ブログが徐々に自分の新しい習慣になろうとしています。

 

もっともっと上手にブログを書けるようになりたい。これからも自分なりにブログを続けていこうと思ってます。

 

今後も、暮らしを少しでも良くできるような事、何でも書いていきたいです。

暮らしReteracy、宜しくお願いします。

 

革靴の手入れをする習慣とシューケア用品一覧

f:id:kurashi2:20190310101117j:image

皆さんは、普段、革靴の手入れをしていますか?

 

スコッチグレインの経年変化の記事を書いてから、この靴の最近手入れをしていないなと思ったのでついでにやってしました。 

kurashi-reteracy.hatenablog.com

 

革靴は手入れが必要ですし、それも楽しみの一つ。

靴を長持ちさせるためだったり、また個人的にも手入れするのが好きなのです。

 

革靴は好きだけど、専門的な知識はなく、完全に素人。

記事に書いている内容は、全てネット等で調べて、実際に実践しているものです。

 

今回は、簡単に革靴の手入れの流れとシューケア用品の紹介をしたいと思います。

 

 

手入れの流れ

f:id:kurashi2:20190309161133j:plain 

シューツリーを入れる

f:id:kurashi2:20190310100533j:image

まず最初に、シューツリーを入れます。

シューツリーは、glossychoe(グロッシーシュ) 木製シューキーパー レッドシダーを使っています。シューケア用品の詳しい内容は、また今度、別の記事で紹介したいと思います。

シューツリーを入れることで、磨きやすくなり、また皺をのばした状態で手入れをすることが出来ます。

 

  

ブラッシング

f:id:kurashi2:20190310100632j:image

ブラッシングしてほこりを落とします。

 

クリーナーで汚れを落とす

f:id:kurashi2:20190310100707j:image

クリーナーで、革表面の汚れ、古い革クリームを落とします。

クリーナーは、モゥブレイのステインリムーバーを使用しています。

ステインリムーバーを布に少しつけて、革の表面を優しく拭きます。

布は使い古したTシャツを使っています。

 

クリームを塗って磨く

f:id:kurashi2:20190310100653j:image

皮クリームは、モゥブレイのシュークリームジャー。

それをペネトレイトブラシにつけ、全体に馴染ませていきます。

クリームは、米粒2、3粒くらい付ければ大丈夫。

 

ペネトレイトブラシで塗るメリットは3点。

①布よりもブラシの方が、細かいところまでクリームの塗り広げることができる。

②布で塗ると布自体にクリームが吸収されてしまうが、ブラシを使用することで無駄にクリームを消費しない。

③手が汚れない

 

ペネトレイトブラシで塗り広げた後、布で余分なクリームを拭き取る。

また布で磨いて艶をだしていきます。

 

 

防水スプレーをかける

これで完成です。

 

f:id:kurashi2:20190310100820j:image

 

画像ではわかりづらいですが、かなり綺麗になりました。

 

革靴の手入れは、慣れると結構、早く出来ます。

一気に5足もやると疲れて飽きてくるので、定期的に1足、2足くらいを順番に行うのが良いと思います。

 

手入れをすることで何度も綺麗にできますし、その過程で愛着もわきます。

また、手入れをして長く履いている綺麗な革靴は、その靴特有の独特な雰囲気を出します。

 

皆さんも、革靴を手入れして、経年変化を楽しんでみてはいかがでしょうか。

 

kurashi-reteracy.hatenablog.com

 

スコッチグレイン 1年履いてみて感じたこと 経年変化の記録

f:id:kurashi2:20190309162034j:plain

気に入っている革靴、スコッチグレイン

去年の3月に、有楽町のファミリーセールで購入してから、1年経ちました。

 

 以前、スコッチグレインについて紹介した記事はこちら。

スコッチグレインの良さについて書いてます。

kurashi-reteracy.hatenablog.com

 

この革靴は、長く長く履くことを目指してるので、経年変化の記録をつけようと思い、記事を書いていくことにしました。

経年変化を楽しめるのが、革靴の良さですね。

 

購入してから、だいたい1週間に2回の頻度で履いているのですが、新品のときと比べて、どのように変化したのか、書いていきたいと思います。

 

 

履き皺

f:id:kurashi2:20190309161125j:plain

1年経つので、しっかりと履き皺が入っています。

しかし、皮の質が良いのか、キメが細かく、深い皺にはなっていません。

ひび割れの心配もないのかなと思います。

 

この履き皺は、革靴の表情になりますし、新品のときと比べると雰囲気が変わりますね。

 

中敷き

f:id:kurashi2:20190309161120j:plain

中敷きにも風合いが出てきました。薄茶色だったのが濃くなったような気がします。

履いているときは見えない部分ですが、こういう経年変化にも気づいていきたいです。

 

ソールの減り具合

f:id:kurashi2:20190309161129j:plain

踵の外側が、少し減ってきていますね。

ですが、まだ交換するほど減ってはいないと思います。

この先何年と履いていって、ソールが減ったとしても、グッドイヤーウェルト製法で作られているから、交換できるので安心して履いています。

 

1年履いてみて、だいぶ風合いで出てきていると感じます。

高品質の革と日本人の足にあった木型。

長く履くことができるグッドイヤーウェルト製法など。

仕事用の革靴で経年変化を楽しむなら、スコッチグレインは本当にオススメです。

 

最初買って履いたときは、まだ足に慣れず、歩きづらい部分もありました。

しかし今は、履き皺もしっかり入り、買った当初よりも足に馴染んできて、歩きやすいです。

愛着も湧いてきて、気に入っています。

長く履けて、だんだん良くなっていくのが革靴の良いところですね。

 

ネットで買うときや、お店で買うときは、新品の状態しか見れません。

履いていくと、どんな風に変化し、どんな雰囲気になるのか。

経年変化の過程がわからないと思うので、このブログで経年変化を見て、参考にしてもらえたらと思います。

 

 

御徒町にある人気の本格洋食店 キッチン さくらい

f:id:kurashi2:20190303131543j:image

この前の日曜日、上野にある東京国立博物館に行ってきました。

歴史的な展示物を見て、日本のこれまでの歴史を感じる、とてもいい機会でした。

 

たまにはこういう時間を大切だなと思います。

 

さて、その日に食べたお昼ご飯。キッチンさくらい。

良かったので紹介したいと思います。

 

 

場所

御徒町駅から徒歩1分

ビルの6階にあります。

 

店内の様子

予想以上に店内は小さめ。

エレベーターを降りるとすぐに順番待ちのお客さんがいっぱい。

13時頃に行ったので混んでました。

椅子もなく、レジの前の狭いスペースで立って順番を待つことに。

 

名前だけ受け付けてもらって、一旦外に出て時間を少し潰してくるお客さんもいました。

 

でも、そこまで待ってまで、食べたいと思えるお店なんだと確信。

料理を楽しみにしながら待ちました。

 

お昼時の時間帯よりずらして行くのが1番おすすめですね。

 

特製デミグラスソースのハンバーグ

これが、セットのサラダとスープ。

f:id:kurashi2:20190303131701j:image

一口食べただけで、質の良さ、上品さを感じます。

野菜は新鮮。美味しいドレッシング。

コーンスープは、濃厚なのに優しい。

次に来る、ハンバーグが楽しみで待てません。

 

 

f:id:kurashi2:20190303131708j:image

続いてきたのが、こちら。

写真を見ていただければ分かると思いますが、間違いなく美味しいです。

期待を裏切らないデミグラスソースのハンバーグ。

 

オムライス

f:id:kurashi2:20190303131758j:image

これも本当に美味しかったです。

卵は、ふわふわですが、意外と分厚く、しっかりとしてます。

これも質の良さを感じるオムライス。

幾らでも食べれそうでした。

 

 

洋食もたまに食べに行きたくなりますよね。

近くにある博物館も無料で見れるので、行く機会があれば是非行ってみて下さい。

予約していくことをオススメします。

 

キッチンさくらい - 御徒町/洋食 [食べログ]